十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム 11月号 | メイン | 院長先生のコラム 10月号 »

2014年11月26日 (水)

院長先生のコラム 12月号

★ 旅の楽しみ

 大学のクラス会の5年限定旅行も4回目、山陰・大山の旅。神戸駅前からバスで出発、大山の中腹を行くスカイラインは最高の紅葉。紅、黄、緑の錦織りなす景色は一幅の絵画。後期高齢者の眼を楽しませるに余りあった。松江城の堀を巡る船旅も風情あり。茶人としても名高い七代藩主松平治郷(不昧公)の考案した「山川」を旅館の売店の隅に見つけた。これは「長生殿」「越の雪」と並んで日本三大名菓の一つであるが売れ行きが悪いのか数える程しか置いてないのが淋しい。長生殿は金沢市の森八製で三代加賀藩主前田利常と茶人小堀遠州の手になる。越の雪は新潟長岡藩九代藩主牧野忠精が病床にあった時、城下の大和屋が献上し、これで食欲が進んで完治したという。いずれも餅米と阿波特産の和三盆糖を原料としている「落雁」の一種で、昔の高貴な味である。

       

                 『ザ・淀川 平成26年12月号掲載』

 



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ