十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム11月号 | メイン | 院長先生のコラム1月号 »

2015年12月17日 (木)

院長先生のコラム12月号

☆ 棒に振る

 「一生を棒に振る」などと使われる言葉だが、棒とはどんな棒

か、何故「に」なのか? 気になりだすと頭から離れない。調べて

みると諸説あるようだが主なものに二説ある。昔、店を持てず天秤棒

を担いで売り歩く商人のことを「棒手振り」と呼んでいた。良い品

を売っていても安く値切られて儲けは少なく、なかなか自分の店を持

てず、結局一生を天秤棒終わる。一生をフイにする。もう一説は、誤

った個所に棒線を引いて消す、記入する事項が無い空白にも棒を引

く。つまり棒する。一生も誤ったり、何も無いと棒線に終わる。

と云う結論で一応納得した。何かで一生を棒に振ったと思っている

方。自分の一生を満足している人は滅多にいない。どんな小さな幸   

せでもそれを積み重ねれば大きい幸せになるし、「私、悪いところば

かりです」と訴える患者さんも、同年代のひとより優れたところを

見つけ、今の健康を幸せと感じて欲しい。

『ザ・淀川平成27年12月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ