十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム2月号 | メイン | 院長先生のコラム4月号 »

2016年2月29日 (月)

院長先生のコラム3月号

☆ 平和をもたらす、許す心

 天皇、皇后両陛下は80歳を超えて尚元気で、過密な公務を遂行されている。被災地にも積極的に出向かれたり、日本国を代表して海外にも。負けずに私も頑張りたい。

 両陛下は1月、26日からの5日間でフィリピンを訪問された。太平洋戦争で日米の戦場となり、百十一万人のフィリピン人が犠牲になった。終戦後、エルピディオ・キリノ大統領は、国内の猛反対を押し切って、収容所の日本人BC級戦犯全員を特赦した。その度量の広さ、人間の大きさのお蔭で、今日本とフィリピンは友好関係にあり、来日した看護師、介護福祉士の候補者は千二百人を超えるという。天皇は日本側の慰霊碑を訪れる前に、フィリピン人の無名戦士の墓を礼拝された。お互いに相手を思い合い、過去にこだわらず友好を保った例は、世界の歴史の中に幾つもある。

 世界で唯一の被爆国日本は、米国と友好関係にある。心の広い人間に私もなりたい。

『ザ・淀川平成28年3月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ