十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム3月号 | メイン | 院長先生のコラム5月号 »

2016年3月29日 (火)

院長先生のコラム4月号

☆ 橘

 雛祭が終わり桜の季節、京都御所の一般公開がある。紫宸殿の前に雛段と同じに左近の桜、右近のがある。

  橘で思い出すのは、原典は古事記と日本書紀で小学校の教科書に載っていた話。田道間守が垂仁天皇の命で常世の国から不老不死の霊薬である橘を苦労して持ち帰るというもの。

 橘は、日本に古くから野生していた日本固有の柑橘類。樹は3~4m、幹に棘があり、葉は固く濃い緑。果実は見る機会が殆どないが、表面滑らかで3㎝程、ミカンの形をしているが酸っぱいのでマーマレードなどに加工される。

 歌詞が十三番まである長大な軍歌「中佐」、同様に十四番構成の「戦友」と共に、幼き日母がよく唄って呉れた思い出として残る。また橘は家紋にも彦根など幾つかある。文化勲章も昭和天皇の意向で橘がデザインされている。それにしても、 桜に対して橘なのは何故だろう。 

          『ザ・淀川平成28年4月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ