十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム7月号 | メイン | 院長先生のコラム9月号 »

2016年7月26日 (火)

院長先生のコラム8月号

☆ ハワイアン・ミュージック

 夏が来れば思い出す。昔流行った「ハワイアン」のことを。ほとんどの大学にハワイアンバンドがあった頃。世間では、スチールギターの上手いバッキ―白方とアロハハワイアンズ、大橋節夫とハニーアイランダース、ポス宮崎とコニーアイランダースが日本3大バンドと云われたが、ウクレレの名手山口銀次が弟・軍一らと組んだルアナハワイアンズは、タヒチ音楽も取り入れ私が好きなバンドだった。これらのバンドが集結するハワイ音楽会が何年間か東京で行われたのを観に行ったこともあった。関西では昭和三九年から五一年にかけて、芦屋の奥池で夏の一か月間、本場のハワイから舞踏団を招いてハワイ祭りが開催された。毎年のように出掛けたが、演奏とフラだけでなく、タヒチの踊りも見応えがあった、後にシンガポールのホテルの中庭で、フラとタヒチアンダンスを心行くまで見て楽しんだ夜のことも遠い想い出。

『ザ・淀川 平成28年8月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ