十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム9月号 | メイン | 院長先生のコラム11月号 »

2016年9月26日 (月)

院長先生のコラム10月号

☆ 志(こころざし)

 当院の女子職員の息子が調理師学校に進学すると決めたので、調理の路はすごく険しいよとその母が話すと「志を持っているから何があっても大丈夫」と答えたという話を聞いた。私は若者が「志」というとてもいい言葉、最近ではあまり聞かない言葉を使ったことにある種の感銘を受けた。はっきりした目標に立ち向かう強い気持ちを持った時にのみ使える。分解すると「士(侍)」の「心」である。武士道の精神と云うことだろう。スポーツでも「サムライ」という言葉はよく使われる。現在使われる武士道は、戦国時代のような殺伐とした武士道ではなく、日本人の気持ちの芯にあるひたむきな心だろうと思う。真っ直ぐな正しい道を突き進む気持ちが根底にあるのが志であろう。そして心根に優しさを忘れず加えることが大切であろう。閑話休題。志の付く、私の好きな名前は「増位山大志郎」。人柄も良い。

『ザ・淀川 平成28年10月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ