十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム2月号 | メイン | 院長先生のコラム4月号 »

2018年2月26日 (月)

院長先生のコラム3月号

☆ 下呂温泉 

昨年初秋に数十年ぶりに訪れたのは下呂温泉。有馬温泉、草津温泉と並んで「日本三名泉」の一つ。下呂があるからには上呂、中呂もあるのではと云う強い疑問が湧く。翌朝、観光タクシーのドライバーに聞いてみた。上呂も中呂も下呂市の中にある、と云う返事。走っていると萩原町中呂という標示があって感激した。あとでJRの時刻表を見ると高山線に上呂駅が見つかった。中呂駅もあるが無人駅で貨物駅らしい。中呂の禅昌寺に案内された。とても立派な建築で、皇室にゆかりの格式高い寺だという。外壁の土塀の白い線の数や、屋根の菊の御紋がそれを表しているのだという説明。庭の大杉が名物らしいが、太い幹に大きな瘤があって、ある場所から見ると、垂れ下がった男性のシンボルにそっくりなのだとわざわざ案内してくれた。なるほど似ている。笑いのネタにはなるかも知れぬが、観光の目玉にはし難いだろう。

                                                                                                                          【院長/阪東 昭政】

『ザ・淀川 平成30年3月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ