十三駅近病院 胃腸科・内科・外科・放射線科・リハビリテーション・労災指定・結核予防法指定

求人情報

求人・お知らせ 詳細

« 院長先生のコラム8月号 | メイン | 院長先生のコラム10月号 »

2018年8月29日 (水)

院長先生のコラム9月号

★ 夏の高校野球・百年の歴史

「あゝ栄冠は君に輝く」のメロディーを知らない人はいないだろう。作曲は古関裕而、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を手掛けた人。一九一五年に全国中等学校優勝野球大会として発足し、戦時中は中断、学制改革で高校野球と変わったが今年が第百回。テレビ、新聞でも見飽きるくらい沢山の特集が組まれた。第一回は、野球場ではなく細長い豊中グラウンドで開催され、出場校は十校(参加校は七三校)で優勝は京都二中(現鳥羽高校)。残念ながら大阪は関西大会で市岡中等が参加したが和歌山中にやられた。高校野球では自慢したいことがある。中学三年の夏、音楽の仕事をしていた父がBK(NHK大阪)から誕生したばかりの民放のABCへ転勤し、なんとバックネット裏の記者席に大会期間を通して席を一つ確保して呉れた。毎日母の手作りの弁当を持って通い、朝日の記者の人達と並んで観戦した。写真も貰った。多胡投手を擁した北野高校が強い時代だった。

                                                                                                     【院長/阪東 昭政】

『ザ・淀川 平成30年9月号掲載』



RSS2.0 RSS1.0 ATOM
ページの先頭へ